翻訳のトレーニング方法

翻訳のトレーニング方法

翻訳のトレーニングってどうしたら良いのか?

難しいですよね?

ではどんなトレーニング方法があるのか教えちゃいます!

森谷式翻訳術HP

映像翻訳のトレーニング

映像翻訳のトレーニングは沢山方法があるんです。

まずは映画やドラマを使ったトレーニングです。

映画は観たりしますよね?

海外ドラマも沢山あります。

映像翻訳をやりたい!そう思う方でしたら、映画や海外ドラマを使ったトレーニングが良いと思います。

これはかなり実践的なトレーニングになるのではないでしょうか?

今までに観た事が無い映画やドラマを選びます。

勿論「字幕」はオフで観てください。

それを観ながら翻訳をしていくトレーニングです。

最初はまるっと観て映画の概要を把握し、そのあとじっくりと翻訳を進めていく。

実際に映画などの翻訳を行う場合も、始めて観る映画を翻訳するわけですから、かなり実践的なトレーニングになりますよね?

当然、俳優さんの口の動きに合わせた言葉選びもしないとなりませんし、文字数の事も気にしないとなりません。

自分で翻訳を終えた後に、「字幕をオン」にして、実際の映画の翻訳と、自分の翻訳を照らし合わせて行くと、自分のダメな部分だったり色々と気付いて学ぶ事が多いと思います。

「正解」となる翻訳された字幕をながら答え合わせが出来るので、凄く効率も良いですよね?

自分の選んだ言葉の方が「マッチ」していると思う部分もあると思いますし、そういう部分は「自信」に繋げて良いのではないでしょうか。

実務翻訳のトレーニング

実務翻訳に関しては、本当に専門的な言葉で、間違いなく翻訳しないとなりません。

例えば薬の名前や病名の翻訳を間違えたら本当に大事になってしまいますよね?

正確性が重要視される翻訳なので、繰り返しきちんと覚える様に何度も見て読んで書いて覚える。

これに尽きるのではないでしょうか。

文芸翻訳のトレーニング

文芸翻訳に関しては、「日本語の表現力が豊かさ」がとても重要視されます。

本等は自分で読み、時代背景等、色んな事をきちんと把握した上でその背景に合う言葉を選んでいかないとなりません。

色んな時代の本を読み、自ら翻訳をしてみて、実際に翻訳された本と見比べると良いと思います。

得意な分野だけではなく、マルチな分野の本などでトレーニングすると、自分の言葉選びのセンスが磨かれて、スキルアップに繋がると思います。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る