悪評を書いている人にありがちなこと

悪評を書いている人にありがちなこと

どんなに優れた商品、サービスであっても、多くに人の目につけば悪評を書かれることもあるでしょう。

なぜなら価値観や抱く感想は人それぞれであり、全ての人が同じように満足できる物なんて、この世にはないからです。

ただ、わざわざ時間を割いてまでコメント欄に悪評を書く人には、いくつかの共通点があります。

それら共通点をある種の反面教師と捉えて、皆さんには森谷式翻訳術について、正しく理解していただければと思います。

森谷式翻訳術HP

楽して稼げると思いがち

まぁ私が言うなって話なんですが、楽して簡単に稼げると思って翻訳者を志す人がいます。

しかしここでハッキリと断言しておきますが、翻訳のお仕事もそれなりに大変ですよ!

時代に合わせて勉強したり、案件を探したり、自分の得意ジャンルを広げたり、何らかの努力を続けなければ、フリーランスとして生き残っていけません。

ただ、これは翻訳のお仕事に限った話ではないですよね。

楽して稼げる仕事なんてありませんし、変化の早いこれから時代においては、より勉強を続ける必要があるでしょう。

すぐに結果を求めがち

すぐに結果を求めていいのは、一握りの天才だけです。

大抵の場合、お金を稼げるスキルを習得しようと思えば、年単位で時間がかかりますよね?

しかし中には、始めて数日や数週間で結果を求めてしまう、自称天才くんもいるのです。

そういった人たちが口コミで、未経験からでも稼げると聞いたが嘘じゃないか!と豪語しているんですね^^;

ですので皆さんには、食っていけるほど稼げるようになるには、相応の時間が必要であることを知っていただければと思います。

ただ時間が掛かるといっても、森谷式翻訳術の利用者の中には、半年ほどでデビューした人もいるので、他の業界と比べてもフリーランスのハードルが低いことも確かです。

夢見がち

まぁ平たく言えば、現実を見ていないんですね。

森谷式翻訳術を学んでフリーランスになれば、簡単に稼げて順風満帆、一発逆転大勝利!

みたいな感じの、夢いっぱいでおめでたい方々です。

なのでコメントには、思ったほど稼げなかった…稼げるけど思ったより大変だった…的なものがよく散見されます。

いや、その思ったほどってどれくらいだよ、って毎回心の中で突っ込んでいますが、彼らは本業でよほど簡単に稼いでいるのでしょうか?

ボタンぽちーって押して、それだけで100万円みたいな(笑)

翻訳の仕事に興味を持っていただけるのは嬉しいことですが、仕事なのでもちろん苦しい時も、頭をかかえる時もあります。

しかし、だからこそやりきった時に達成感が生まれたり、ビールが美味しく感じるのです!

また私の場合、翻訳を通してやりたいことがあるので、仕事にも楽しさを見いだすことができています。

こういった楽しく感じる点や稼ぐ目的、仕事の価値観、やりがい、重視するポイント等は人それぞれだと思いますので、それらを踏まえて検討していただければと思います。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る