トランスクリエーションはなぜ重要なの?

トランスクリエーションはなぜ重要なの?

(森谷式翻訳術でトランスクリエーションを学ぶことがなぜ重要なの?)

(英語翻訳って、意味が正確に伝わればいいんじゃないの?)

こんな具合に、学ぶ理由を納得していなければ、意欲も失せるというもの。

私も学生時代は、微分・積分なんて社会に出て使うことないだろ!テストなんかする意味ないだろ!と開き直っていたタイプなので、上記の思いもよくわかります。

しかしトランスクリエーションを学ぶ必要性は、大いにあるのです。

本節では、森谷式翻訳術で学べるトランスクリエーションがなぜ必要なのか、その理由を深掘りしていきたいと思います。

森谷式翻訳術HP

理由①:よりわかりやすく表現するため

1つ目の理由は、原文をより分かりやすく表現するためです。

直訳で、意味が通じる翻訳は機械でもある程度こなせますが、全ての人に意味が伝わるかと言えば、それもまた難しいところです。

そこで文章の大まかな意味を捉えつつも、見た目のインパクトやリズム感、相手をつかめるようなキャッチコピーを創出できれば、より多くの人が興味を持ってくれるでしょう。

理由②:収入を上げるため

トランスクリエーションは、翻訳者ならではのスキルなので、普通の翻訳よりも料金は高く設定されています。

料金の相場は大体1.2倍〜1.5倍くらいなので、手っ取り早く稼ごうと思えば、身につけないとある意味損しているようなものですね。

また翻訳の仕事が、機械に取られないものにするためにも、トランスクリエーションは必須です。

翻訳者として将来にわたり安定して稼いでいくためには、トランスクリエーションの習得は、避けては通れないのです。

理由③:SEOでも評価されるため

トランスクリエーションは、SEO技術と大きな関係性があります。

SEO技術は、ウェブページをサイト検索の上位表示させる技術であり、どんなビジネスをしている人にとっても、自社サイトを1ページ目に表示させたいはずです。

その方がより多くの人が集まって、売り上げを伸ばしやすいからですね。

そして上位表示させるためには、ウェブサイトの滞在時間がとても重要になっています。

いいサイトには多くの人が滞在して評価も高く、見る価値のないサイトは人が集まらないので淘汰されていくという仕組みです。

この仕組みがある以上、トランスクリエーションのスキルは、本当に重宝されます。

なぜなら海外事業を展開しようと思っても、訪問者を惹きつけないような翻訳では、全く評価されず、作った意味がなくなってしまうからです。

つまり話をまとめると、

ビジネスのグローバル化が進む→海外向けのWebページ制作が増える→トランスクリエーションの活躍機会が増える

こんな流れになっているので、今からトランスクリエーションを身につけておけば仕事に困ることはないでしょう!

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る